白髪染めが薄毛の原因?

白髪染めで薄毛が促進されるか?

白髪染めで薄毛が促進されるか? 
白髪染めをしたいのですが、髪が痛むと聞きます。白髪染めで薄毛が促進されるということはないでしょうか?

 

まず世間一般に言われているような「毛染めをして男性型脱毛症が進む」ということは、医学的見地から言ってありえません。

 

そもそも男性型脱毛症の原因は、体内で生成される男性ホルモン(テストステロン)が頭皮内に存在する5αリダクターゼという酵素によってDHTと呼ばれるものに変換され、そのDHTが毛乳頭や皮脂腺に悪影響を与え、毛髪の成長を阻害したり皮脂の異常分泌を引き起こしたりすることによって抜け毛が増え、薄毛になるというメカニズムです。

 

だから、染髪やパーマは男性型脱毛症進行の直接の原因にはなりません。

 

しかし、あまり染髪をしすぎたりすると、頭皮が痛んでしまい、それに伴い抜け毛が増えてしまう可能性はあります。

 

大概、男性型脱毛症の方は皮脂過剰で頭皮に炎症をおこしていたりしますのであまりに頭皮が弱っている場合は気をつけたほうがいいかもしれません。

 

極端に髪をいじめなければ、適度に染めたりすることは全く問題ありません

 

でも気になさる方は頭皮にやさしい海の恵み成分配合ガゴメ昆布エキス・真珠エキス・スクワラン)の株式会社フューチャーラボのムースタイプ ヘアボーテを試されてはどうでしょう

 

>>利尻昆布ヘアカラー公式サイトはコチラ<<


>>ヘアボーテ・シーエッセンス公式サイトはコチラ<<


 

 



このページの先頭へ戻る