白髪染めのコツを分かっていると、快適な毛染め生活保障

白髪染めを塗布するコツ

>>髪にやさしい白髪染め比較はコチラ<<

 

 

白髪染めを塗布するコツ!!

私は自宅でいつも白髪を染めています。
お風呂で染めているのですが、白髪染め剤を洗い流すとクリーム色の浴槽がいつも真っ黒になって掃除しても取れなかったり、シャワーカーテンなどにも染みが付いたり、白髪染めの後2〜3日は髪を洗うたびにタオルも黒くなったりして、なんだか後始末がとにかく大変なのです。

 

自分でやれば美容院より安くで上がりますが、お風呂もタオルも駄目にしてしまっては、どうすれば良いのか分からなくなっています。
これほど苦労して自宅で白髪染めしています。

 

それでも、1週間後にはまた生え際がキラキラ白く見えるものが・・・・・
なにか良い方法を伝授ください。

 

1) 簡単に考えるなら、一回で使いっきりの白髪染め剤は使用しないこと
     2) 1週間ごとに生え際だけの処理ができる白髪染め剤にすること
     3) 最後にムース状の白髪染めにすると上記の悩みはほぼ解決します。

 

 

最初に準備しておくと重宝するもの
   ケープ(体を覆うマント)100均などで入手できます。
   ヘアーキャップ(染め上がる時間が短縮できます)

 

 

みなさん、こんなに苦労して自宅で白髪染めしていますか?
こんなに苦労しても、1週間後にはまた生え際がキラキラ白く見えるので、がっくりです。
だからリタッチの処理が楽で、髪にやさしい商品で何度も使えるものを選んだ方が良い!

 

丁寧にゆっくり根元から塗布していくしかし、時間をかけずになるべく素早く塗布するのがコツ

 

なるべく大雑把には塗布しないで2cmから3cmの幅で根元に素早く頭全体に塗布する

毛先部分は、根元の部分より痛みが激しいので毛染め剤が浸透しやすく染まりやすいから後
  で、塗布しても大丈夫.

 

 なるべく白髪が多いところは多めに薬剤を塗布する。

 

 フロント部分は染まりが比較的早いので、後ろから薬液を塗布するのが理想

 

 色が入りにくい人は気持ち 説明書より長く時間を置く。(シャンプーするのを10分くらい遅らす)

 

生え際全体にコールドクリームを塗ります。(白髪染めが皮膚に付着するのを防げます)

 

ヘアボーテ・シーエッセンス体験はコチラ


ヘアボーテ・シーエッセンス公式サイトはコチラ


 

トリートメントタイプ

利尻ヘアカラートリートメント公式サイトはコチラ


利尻ヘアカラートリートメント体験談はコチラ

 

 


 

このページの先頭へ戻る